《公式》ドコモ求人ナビ|コールセンター(オペレーター)のお仕事とは?

ドコモのコールセンターのお仕事って、実際はどんな業務内容なの?
知っていそうで意外と知らない、仕事の"中身"を詳しくご紹介していきます。

お客様の声に“耳とこころ”を傾ける

コールセンターの主な業務は、お客様からの、スマートフォンや携帯電話に関するお問合せの受信業務です。
携帯電話サービスの複雑化に伴い、問合せの内容は多岐にわたります。このため、商品・サービスに関する知識が必要なのは勿論、一言ひと言を聞き逃さず「お客様が何を望んでいるのか」を理解して、的確に応える力が必要とされます。

言葉に隠れたご要望や気持ちは、お客様の立場に立ってはじめて見えるもの。お客様の声に耳を傾けるだけでなく、心まで傾ける気持ちで対応することが大切です。

お客様へは声しか届かなくても、「目の前に鏡を置き、笑顔を確認している」という方もいます。

この仕事の魅力とは?

お客様にとっては、電話を受けたオペレーターがドコモの代表者!
「ここに聞けばきっと大丈夫」と安心してお電話くださるお客様の期待に応えることで、信頼関係が生まれ、ブランド価値を高めることができます。

コールセンターでは、基本的に指名呼は受け付けていませんが、オペレーター個人の対応を望むお客様から指名呼が入ってくることもあるそう。
個々人が“ブランドの顔”として誇りを持って働けるのが、この仕事の魅力です。

研修充実!未経験からスタートも安心

未経験からチャレンジしても安心してオペレーターとしてスタートできるよう、研修環境が充実しています。
1〜3か月間の研修で、まずはオペレーターとして必要な基礎的な知識、携帯電話、契約、システム操作、情報セキュリティなどを、さまざまな側面から学びます(研修期間中もお給料が支払われます)。

さらに、ビジネスマナーやパソコン・システム操作、電話応対などのスキルアップもできるので、
その後のキャリアアップを考える方にも有効です。

こんな人に向いています

「働く環境を重視」するあなたにはうってつけ。あなたも知っている街でキレイなオフィスで働けます。それに、全国の拠点に様々なコールセンターがあるので引っ越しなどがあってもあなたの経験を活かして「都合のよい勤務地で働ける」というメリットがあります。

特に、女性は結婚や出産などで、生活環境が変わりがち。ドコモのコールセンターなら、産前・産後休暇など、仕事を続けやすい制度も整っているので「安定して長期で働きたい」という希望も叶います。