《公式》ドコモ求人ナビ|コールセンター間での転職 | FAQ

コールセンターからコールセンターへ転職するメリットは前職の経験を活かせることです。
一方で、コールセンターの求人の多くが非正規雇用であることは、正社員での就職を考える人にとってはデメリットと言えます。

コールセンターからコールセンターへ転職するメリットは?

コールセンターと一口にいっても、転職先企業の業務内容によって今までの経験を転職先で活かせるかどうかは変わってきます。
コールセンターからコールセンターへ転職するメリットとデメリットを紹介します。

転職のメリットについて

コールセンターからコールセンターへ転職する最大のメリットは、経験を活かして活躍できる点です。
企業が求人する際に重視することとして、前職での仕事内容や、保有スキルなどが挙げられます。
前職で転職先にも活かせるスキルを身に付けていたのであれば、転職活動に有利に働きますし、入社後の活躍も期待できます。
企業側からすると、入社した人を育てるより即戦力を雇う方が、早い段階でレベルの高い業務を任せられるというメリットがあるのです。

転職のデメリットについて

正社員として就職したい場合、コールセンターは間口が狭いと感じるかもしれません。
コールセンター業務の求人は、正社員よりも派遣社員や契約社員など非正規雇用での募集が多くなっています。
つまり非正規雇用での就職を望む人にとっては適していますが、逆に正社員での就職を考えている人には条件に合う求人があまり見当たらない可能性もあります。

ただし、コールセンターでは正社員募集が全くされないわけではありません。
割合として非正規雇用での募集が多いので、正社員としてコールセンターで働きたい人でも条件を満たす求人は見つかるはずです。
コールセンターでは個人に合った様々な働き方を選択できます。
もしも迷った場合は、一度派遣会社のコンサルタントに相談してみることをおすすめします。

転職を検討するにあたって

転職を考えた時、それまで培ってきたスキルやノウハウを活かしたいなら、同様の業務内容の企業に応募するのが良いでしょう。
コールセンターで働いていた人も、転職する時にはまたコールセンターで働くことで初めから十分に実力を発揮できます。