《公式》ドコモ求人ナビ|職業訓練で学べるコールセンタースキル | FAQ

コールセンターで活躍するためのスキルは職業訓練校で学べます。
厚生労働省が行う職業訓練には様々なコースがあり、パソコンスキルやコミュニケーション、ビジネスマナーなどはコールセンター業務でも役立ちます。

職業訓練校で習得できるコールセンタースキルは?

コールセンターで勤務をしたいと考えた時に、職業訓練校にて学べるスキルで活躍することは可能です。
職業訓練は厚生労働省が行う職業能力開発政策の一つで、求職者には再就職に必要な技能を身に付ける機会を、在職中の人に対してはスキルアップの機会を提供する目的で運営されています。
テキスト代以外は無料のコースも多く、訓練内容は幅広く用意されています。

コールセンターで求められるパソコンスキル

コールセンターで働くために求められるスキルは様々です。
しかしどのコールセンターでも共通して必要なのは、パソコン操作に関する知識です。
コールセンターではお客様への対応内容を記録として残す際、パソコンを使用する職場がほとんどです。
基本的には、初歩的なパソコンスキルがあれば対応可能です。

コールセンターで求められるコミュニケーションスキル

コールセンターで働くには、コミュニケーションスキルも必要とされます。
コールセンターの仕事には、お客様と対話し、お客様が抱える問題を解決するというものがあります。
そのため「人の話を聞く力」や「人に説明する力」を持つ人は、コールセンターで働くのに適しているのです。

コールセンターで求められるビジネスマナー

コールセンターの仕事ではお客様からの問い合わせに直接対応するため、会社の顔としての役割が求められます。
正しい日本語や言葉遣いなどが身についていれば、職場での活躍が期待されます。

職業訓練校でその他に何を覚えたほうが良いか

職業訓練校には様々なコースが用意されています。
例えば基本的なパソコンスキルを習得できるコースがあり、コールセンターで働く際に役立てられます。
また社会で働く上での言葉遣いやマナーを学べるコースもあります。
注意すべきなのは、開催される職業訓練の内容は管轄する地域の職業訓練校によって異なることです。
受講内容をよく確認したうえで、自分にあったコースを選ぶようにしましょう。

コールセンターと一口に言っても業務で取り扱う範囲は幅広い業種に及びます。
カード会社や家電メーカーなど専門知識が必要となる分野もありますが、必要な知識は入社してから教育を受けることができる場合がほとんどです。