《公式》ドコモ求人ナビ|銀行と保険会社のコールセンター業務 | FAQ

銀行と保険会社のコールセンターの業務内容は異なりますが、どちらもミスがお客様や会社の損害につながりかねない仕事です。
専門知識がなくても入社できますが、入社後に研修を受けて必要な知識を身に付けます。

銀行と保険会社のコールセンターの仕事の違いは?

銀行と保険会社にも、コールセンターの業務があります。
今回は銀行と保険会社それぞれの特徴を比較していきます。

銀行のコールセンターの特徴

銀行のコールセンター業務は大きく分けると、新しく口座開設をしたいお客様からのお問い合わせと、すでにサービスを利用している既存のお客様からのお問い合わせの2点です。
すでに口座を持っているお客様からは、銀行の取り扱い商品やサービス、書類の不備に関する質問、各種手続きなど多岐にわたる問い合わせがあります。
一方で口座を持っていないお客様からは、口座開設について、各種取り扱い商品やサービスなどの問い合わせがあります。

保険会社のコールセンターの特徴

保険会社のコールセンター業務は、お客様に案内する業務と、お客様からの問い合わせに対応する業務の二つに分けられます。
お客様に案内する業務は、保険資料を送る旨をお客様に直接確認したり、新規入会手続きを促したりするものです。

お客様から問い合わせに対応する業務では、すでにサービスを利用しているお客様が病気になったり、事故にあったりした場合に、お客様と会社をつなぐ窓口の役割をします。
トラブルが発生してからお問い合わせを受ける場合が多いため、不安を抱えるお客様に安心感を与える対応をしつつ、トラブルの詳細を伺って漏れなく記録しなければなりません。

銀行と保険会社のコールセンターの共通点

銀行と保険会社のコールセンター業務に共通することのひとつが、専門知識を必要とされることです。
お客様のお金を預かる銀行と保険会社では、小さなミスでも重大な事故につながります。
そのためコールセンターで働く人にも、商品知識から各種手続きまでの専門知識がしっかり頭に入っていることが求められます。
ただしこのようなコールセンターにおいては、業務を行うにあたって専門知識を学ぶ機会が設けられている場合が多く、基本的に入社時に業務の知識がない場合でも就職することができます。

また、行う業務よっては資格が必要とされる場合があります。
株式や有価証券などに関わる場合は外務員の資格、生命保険を勧める業務であれば生命保険募集人の資格を持っていることが定められています。
必要な資格については入社後の研修に組み込んでいる会社もあるので、入社前に確認しておくのも良いでしょう。