《公式》ドコモ求人ナビ|コールセンターのストレスと解消法 | FAQ

コールセンターで働くオペレーターは、お客様に様々なアドバイスを行うため、人によってストレスを感じることもあります。
ストレスを感じないようにオンとオフを分けたり、しっかり睡眠を取るようにしましょう。

コールセンターの仕事にストレスはある?

コールセンターで働くオペレーターは、お客様に様々なアドバイスを行う必要があるため、人によってストレスを感じることもあります。
オペレーターの業務内容は様々で、お客様からのご相談や、商品の使い方、修理について、苦情の対応などがメインです。
また、こちらからお客様に電話をかけて、商品の紹介や販売を行う業務の場合もあり、ノルマが課せられることによってプレッシャーを感じてストレスになることがあります。

ストレスを感じないようにオンとオフを分ける

仕事中と仕事が終わったときで意識を切り替えることで、ストレスを軽減できます。
お客様と直接対話するオペレーターは、お客様の感情に左右されずに、どんなことにも受容的に対応することが求められます。
オペレーターはお客様に対応する際、自分の気持ちを抑えることが多くなり、それがストレスにつながる場合があります。
オペレーターとして働く際には、仕事の対応と個人的な感情を区別し、オンとオフのメリハリをしっかりつけることが大切です。

それでもストレスを感じてしまう場合には、以下に紹介する方法でストレス解消をしてみましょう。

しっかり睡眠を取る

ストレスを溜めないために、十分な睡眠を取るようにしましょう。
ストレスが溜まる原因のひとつに、寝不足が挙げられます。
寝不足になると体調の悪化につながり、悪くなった体調が仕事に悪い影響を及ぼしストレスになってしまうのです。
睡眠はしっかりとるようにして、ストレスを減らしましょう。

ストレスに有効な栄養素を摂る

食べ物からストレスに有効な栄養素を摂取することで、ストレスに対して強い体づくりができます。
小魚や大豆製品、牛乳やチーズなどのカルシウムを多く含む食品はイライラを予防する効果があります。
野菜や果物に多く含まれるビタミンCや豚肉、や大豆に含まれるビタミンBもストレスに効果があります。
ピーナッツやごま、海藻類に含まれるマグネシウムは体の調整に必要で、カルシウムの働きを調整します。
なるべく普段からバランスの良い食事を心がけることも、ストレスを溜めずに済む方法のひとつです。

また、美味しい食べ物を食べることで、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンという物質が脳に分泌され、ストレス発散につながります。
睡眠や食事など、仕事以外の時間の過ごし方も意識して過ごすようにしましょう。