《公式》ドコモ求人ナビ|コールセンターでの仕事に向いている人 | FAQ

コールセンターに勤めるオペレーターは、お客様からの電話に対して丁寧に対応しなければなりません。
そのため、聞き上手で、相手の視点に立って話せる人、おもてなしのマインドを持っている人が向いています。

コールセンターの仕事に向いている人の特徴は?

コールセンターに勤めるオペレーターはお客様からの電話に対し、丁寧に対応する仕事です。
お客様は様々な疑問や意見をもってコールセンターに電話をかけます。
オペレーターはお客様の様々な要望に対応する必要があります。

オペレーターになるならこんな人

オペレーターとして働くのに向いている人の特徴は聞き上手で、相手の視点に立って話せる人、おもてなしのマインドを持っている人です。

話し好きよりも聞き上手な人

コールセンターで働くうえで最も求められるのは、聞く能力です。
オペレーターの仕事は、お客様それぞれで異なる疑問や質問に答えることですが、そのためにはまずお客様が本当に伝えたい事が何かを理解する必要があります。
お客様の声にしっかりと耳を傾けて、お客様の話の中から大事なキーワードを探り出し、ニーズを把握し、お客様に納得してもらえる返答を心がけましょう。

また、電話では声のみの対応になるため、表情や身振り手振りで伝えられない分、お客様の言いたいことが理解できないこともあります。
その際には優しく丁寧に聞き返す細やかな対応も忘れてはいけません。

相手の視点に立って話せる人

コールセンターで働くうえで最も求められるのは、聞く能力です。
オペレーターの仕事は、お客様それぞれで異なる疑問や質問に答えることですが、そのためにはまずお客様が本当に伝えたい事が何かを理解する必要があります。
お客様の声にしっかりと耳を傾けて、お客様の話の中から大事なキーワードを探り出し、ニーズを把握し、お客様に納得してもらえる返答を心がけましょう。

また、電話では声のみの対応になるため、表情や身振り手振りで伝えられない分、お客様の言いたいことが理解できないこともあります。
その際には優しく丁寧に聞き返す細やかな対応も忘れてはいけません。

相手の視点に立って話せる人

オペレーターの仕事は、お客様の話の内容を理解することはもちろん、伝えたい情報をお客様に理解してもらうように正確に伝えることが大事です。
そのためには、お客様の視点に立った話し方が求められます。
一方的に情報を伝えるのではなく、様々なタイプのお客様の立場に立ってコミュニケーションを行いましょう。

相手が見えないお客様に対しておもてなしを意識できる人

オペレーターは、接客の仕事でもあります。
一般的な接客業と違うところは、お客様の顔が見えない中でおもてなしをすることです。
声だけでよい接客をするには、声のトーンや話し方を工夫するといったオペレーターの仕事ならではの工夫が求められます。

オペレーターの仕事は、人に喜ばれたり、楽しんでもらったりすることに喜びを感じる人が向いています。
お客様の視点に立ち、おもてなしを意識しながら、お客様の話を聞くことを心がけましょう。