《公式》ドコモ求人ナビ|コールセンターは男性でも活躍できるか | FAQ

コールセンターで働くオペレーターには男性スタッフも数多くいます。
コールセンターの業務で活躍する人は性別によって決まるわけではなく、オペレーターとしての経験や知識、適性などが重要です。

コールセンターは男性でも活躍できるか?

コールセンターで働くオペレーターには男性スタッフも数多くいます。
コールセンターの業務での活躍は性別によってではなく、経験や知識、適性に左右されます。

コールセンターは男性でも働ける職場

コールセンターの職場は、女性だけでなく、男性に対してもオープンです。
オペレーターの業務は電話で細かい対応が求められるため、女性に向いているというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、性別に関係なく活躍できるというのが実状です。

性別よりも専門知識があるかどうかで活躍の幅が異なる

専門知識が必要とされる業務では、性別ではなく専門知識を有している、もしくは業務に関連する経験を持っている人に有利といえます。

例えばパソコンのテクニカルサポートでは、その分野の専門知識を求められます。
過去にエンジニア職やパソコン販売などの経験がある人は、テクニカルサポートのサービスでその経験と知識が活かせる可能性があります。
お客様が解決できなかったパソコンのトラブルや修理といった問い合わせにも、業界経験があれば的確なアドバイスやユーザー目線に立った分かりやすい説明ができるはずです。

営業経験がオペレーター業務での活躍につながる場合がある

オペレーターの仕事は、顧客からの電話対応だけが全てではありません。
職種によっては自発的にお客様に電話をして商品の案内をしたり、購入を勧めたりする営業的な業務もあります。
営業では優しく丁寧な対応だけでなく、積極的に商品の良さをアピールして契約や購入に結びつける姿勢が求められます。

業界問わず過去に営業の経験がある人は、その際に培った目標に対する姿勢やコミュニケーション能力、粘り強さなどを活かせます。

男女問わず関心と知識を持つ人は活躍が期待できる

男性・女性に関係なく、業務で扱う商品やサービスに強い関心を持ち、関連のある知識が豊富な人であれば、どの業界のコールセンターでも活躍していくことが期待できます。
また、自身の適性も重要です。インバウンド業務とアウトバウンド業務では、活躍するために必要な適性も異なる場合があります。

オペレーターとしての活躍を考える場合、これまでの経験や培ったスキルや知識と自身の適性を考慮して職場を選ぶようにしましょう。