《公式》ドコモ求人ナビ|声の磨き方 | FAQ

自分の声を磨くためには顔の表情が重要です。
自分の声を他人に聞いてもらったり、母音を意識して発音したりしても声を磨くことができます。
より効率的に声の改善をしたい場合、専門家に相談する方法もあります。

コールセンターのオペレーターは、声のみでお客様の応対をする接客サービスです。
よって声の出し方や話し方のスキルがとても大切になります。
声を磨いてより良い声を出せるようになる方法をご紹介します。

声を出す前に鏡で顔の表情をチェック

声を出す前に、まずは鏡を見て自身の表情を確認してみましょう。
顔の表情によっても声の表情は変化します。
顔が笑っている時は明るい声が出やすくなります。
口角を上げることで頬が持ち上がり、その結果口の中が広くなって声の表情がよくなるのです。
声だけでコミュニケーションを行うオペレーション業務では、表情を意識するよう心がけましょう。

自分の声を録音して自分の声の特徴を知る

声を磨きたいのであれば、自身の声の特徴を知るために録音をするようにしましょう。
初めの内は様々な声色で録音してみるとよいです。
自分では明るく話したつもりでも、実際自分の声を聞いてみるとあまり明るい印象を受けないということもあります。
また、より効果的な方法として、友人や家族など身近な人に録音した声を聞いてもらうというのもおすすめです。
自分で自分の声を分析するよりも、より客観的な意見を得ることができるようになります。

母音を意識する

母音をはっきりと発音することで聞き取りやすい、きれいな日本語になります。
アイウエオという5つの母音を意識して声を出してみましょう。
例えば「ありがとう」という言葉を発する際には「あ」、「い」、「あ」、「お」、「う」を意識するようにします。
このように母音を意識して話すことで、きれいな日本語の発音ができるようになっていきます。

専門家の元で学ぶ

1人でのトレーニングに限界を感じた人や、より効率的に声の改善をしたい人は、専門家に依頼するというのも1つの方法です。
声を磨く専門のスクールはありますし、ボイストレーニング教室に通うのもよいでしょう。

自身の声を磨いて、コールセンターのオペレーターとして、活躍の場を広げてみてはいかがでしょうか。