《公式》ドコモ求人ナビ|声にも表れる笑顔の作り方とは | FAQ

明るく気持ちのよい声を出すためには笑顔で話すことが大切です。
日ごろから表情筋を鍛え、意識して口角を上げて過ごすことで、自然と笑顔の習慣が身に付きます。
目元で笑顔を作ることで笑顔の表情が長続きします。

声にも表れる笑顔の作り方とは?

明るく気持ちのよい声を出すためには、笑顔で話すことが大切です。
顔の表情と声の表情は関係しています。
笑顔でいるとき、明るい声が出やすくなります。
よい声につながる笑顔の作り方を紹介します。

自然で無理のない笑顔の作り方

楽しい時間を過ごしている時は笑顔になれるものですが、仕事となると緊張や責任感から表情が硬くなってしまうことがあります。
日ごろから表情筋を鍛え、口元と目元の笑顔を意識して過ごすようにすれば、自然と笑顔の習慣が身に付きます。

表情筋を鍛えて笑顔を作る

顔にある表情筋を鍛えることでよい笑顔を作れるようになります。
表情筋には、口輪筋(こうりんきん)、大頬骨筋(だいきょうこつきん)、小頬骨筋(しょうきょうこつきん)、笑筋(しょうきん)、頬筋(きょうきん)などがあり、表情筋を鍛えることで口角が上がります。
口いっぱいに空気を含んで膨らませるたり、食事はよく噛んで食べたりすることで鍛えることができます。

口を「イ」の形にする

自然な笑顔の作り方として、口を「イ」の形に開くという方法があります。口を「イ」の形にすることで口が自然と横に開きます。
その状態で口角を上げるように心がけましょう。
自分のイメージよりオーバーに口を開くことがコツです。
笑顔の習慣が身につけば、緊張していても自然と柔らかい表情を作りやすくなります。
笑顔に自信のない人は、まず口角を上げることからはじめることをおすすめします。

目元で笑顔を作る

口角を上げるだけではなく、目元の表情も笑顔づくりに重要なポイントです。
口角を上げるだけの笑顔だと、話をしている間に元の状態に戻ってしまいがちです。
目元で笑顔を作ることで顔全体の笑顔の表情が長続きします。

コールセンターでの業務では、一般的にお客様に自分の表情を見せることはありませんが、顔の表情は声の表情となって伝わります。
笑顔を意識して、明るく気持ちのよい対応を心がけましょう。