《公式》ドコモ求人ナビ|携帯ショップの接客マナー | FAQ

携帯ショップの店員が心がけるべき接客マナーは、お客様に対しての所作や正しい言葉遣い、身だしなみです。
また電話対応も必要となる場合があるので、電話口でのマナーも身に着けておきましょう。

携帯ショップで心がけるべき接客マナーとは?

携帯ショップの仕事は、お客様を相手にする接客業です。
そのため、携帯ショップの仕事では、他の接客業と同じように接客マナーが重要なポイントです。
マナーのある接客をすることで、お客様も心地の良い時間を過ごしてもらえます。

携帯ショップで働くうえでの接客マナー

携帯ショップの販売員は接客業である以上、言葉遣いや笑顔、姿勢など、接客マナーを身につける必要があります。

お辞儀や姿勢で感謝の気持ちを伝える

接客業においては、お辞儀の仕方も大切です。
腰からしっかり体を曲げて相手にこちら側の感謝の気持ちやもてなしの気持ちが伝わるようにしましょう。

また姿勢が悪い人は、「やる気がない」、「真面目にやっていない」という印象を相手に与えてしまいます。
どんなにやる気や熱意があっても、最初に受けた見た目の印象を覆すのは難しいことです。
好印象を与える姿勢や動作をしっかり身に付け気持ちのよい接客を目指しましょう。

正しい言葉遣いでお客様の好感を得る

お客様と直接コミュニケーションを取る携帯販売員には、正しい言葉遣いが求められます。大前提として、敬語はしっかりと身につけておかなくてはなりません。
その他にも、相手に好感を持ってもらえるような美しい言葉遣いを目指しましょう。敬語についての詳しい内容は下記のリンクをご参照ください。

相手に信用される正しい言葉遣い

また、携帯ショップに勤務するのであれば電話応対も必要になる可能性があります。
直接お客様と対話をするのと電話で受け答えをするのでは、対応の仕方が異なります。
そのため、電話口でのマナーについてもしっかり身につけましょう。

身だしなみでお客様の印象をよくする

人の印象は頭髪や服装、メイクの仕方などで大きく変わります。
だらしのない服装や不潔な髪型、奇抜なファッションスタイルは社会人としての常識が無いと判断されることも少なくありません。
携帯ショップの接客では極力控えた方が賢明です。

またネイルもお店によっては禁止しているところもあります。
携帯ショップには、子どもからお年寄りまで、幅広い世代の人が訪れます。
そのため多くの人に共感をもってもらえる身だしなみを考えて働く必要があります。