《公式》ドコモ求人ナビ|携帯ショップで役立つ英語のフレーズ | FAQ

携帯ショップで役立つ英語のフレーズは「May I help you?」や「Please wait for 15 minutes?」などです。
最低限の対応ができるように、簡単なフレーズを覚えましょう。

携帯ショップで役立つ英語のフレーズとは?

店舗の場所によっても差異はありますが、携帯ショップには外国の人も多く来店します。
そのため、ある程度の英語力をつけておくことは、携帯ショップでの業務に役立ちます。
様々なシチュエーションに合わせた役立つ英語のフレーズをご紹介しましょう。

英語がペラペラに話せなくても大丈夫

外国の人が来店した際、上手に英語が話せないからと委縮してしまってはいけません。
完璧な英語が話せなくても、簡単なフレーズを覚えておくことで最低限の対応ができるようになります。
ご紹介するフレーズはほんの一例ですが、ぜひ頭に入れておいて必要な状況のときに役立てましょう。

お客様が商品の購入を決めかねている時に役立つフレーズ

例えば、新発売のスマートフォンをお手に取ってご覧になっているお客様が、購入しようかどうか、迷っていたとします。
そんな時は、「May I help you?(お伺いいたしますか?)」と言いましょう。
同時にパンフレットや名刺を渡すとより親切です。

お客様が待ち時間を気にしている時に役立つフレーズ

店内でお手続きの順番待ちをしているお客様が、時計を見ながら不安げな表情をしています。
そんな時は、おおよその待ち時間を確認した上で「Please wait for 15 minutes?(15分お待ちいただけますか?)」とお伝えしましょう。

携帯ショップにご来店するお客様の目的は様々で、手続きにかかる時間は人によって異なります。
待ち時間がわからず、お客様によっては「あと何分待てばいいの?」とイライラしてしまうこともあるかもしれません。
店員からおおよその待ち時間を伝えることで不安を取り除いてあげましょう。

電話でお客様が忘れ物をしてしまった時に役立つフレーズ

雨の日に来店したお客様から、「お店に傘を忘れてしまったかもしれない!」と連絡が入りました。
そんな時は、すみやかに「Hold on, please.(少々お待ちください)」と伝え、店内に忘れ物が無いか確認しましょう。

今回は、携帯ショップで役立つ英語フレーズについてお伝えしました。
これまで英語に苦手意識を持っていたという人も、簡単なフレーズをいくつか覚えて、業務に役立てください。