《公式》ドコモ求人ナビ|コールセンターの面接に適した服装 | FAQ

コールセンターの面接に適した服装は、スーツや白シャツなど清潔感があり、社会人らしい服装が無難です。
スーツがない場合は私服になりますが、派手な格好やラフな服装は面接時には避けるようにしましょう。

コールセンターの面接に適した服装とは?

コールセンターでの仕事に就くための面接時には、カジュアルなものは避け、清潔感のある服装を選ぶことを推奨します。
スーツや白シャツなどが無難でよいでしょう。

コールセンター企業の面接では、服装も大切な選考ポイントの1つ

コールセンター会社の募集には、学歴や職歴、経験を問わないところも少なくありません。
だからこそ、面接での印象は採用を決めるうえで重要となります。
第一印象をよりよいものにするために、身だしなみを整えていきましょう。

清潔感を保った服装を心がける

汚れやシミが付着していたり、シワが寄ったりしているブラウスやパンツを身につけていると、印象が悪くなってしまいます。
第一印象を良くするには清潔感のある服装を心がけましょう。
手入れの行き届いた上下の服を前日までに整え、汚れなどがないか確認し、万全な体勢と気持ちで面接に臨むようにしてください。

カジュアルな雰囲気は避ける

コールセンターは内勤業務なので、「面接時の服装はチェックされない」と考える人もいるかもしれません。しかし、面接では応募者の心構えや社会常識なども見られます。
できるだけ派手な格好やラフな服装は避け、社会人らしく挑みましょう。

またどうしてもスーツがない場合は私服を着ていくことになりますが、清潔感や社会人らしい服装を意識することを忘れてはいけません。
女性の場合ですと、上はブラウス、下はパンツスタイル、もしくは膝まで隠れる長めのスカートなどがおすすめです。
男性の場合は白シャツや黒のパンツなどスーツに近い服装がよいでしょう。
好印象を持たれ、かつオフィスで浮かないような服装を意識してください。

アクセサリーはほどほどに

若い女性の間で大人気のネイルやアイメイクなども、面接の際は落として臨むほうが無難です。
また、派手なアクセサリーも避けるようにしましょう。
これらは日常生活を彩る大切なアイテムですが、オフィスの現場にはふさわしくありません。
コールセンター会社での面接では、清潔感と意気込みを印象づけるような服装を心がけましょう。