《公式》ドコモ求人ナビ|自己PRのポイント | FAQ

面接の要となる自己PRは、やる気と熱意の他にもコミュニケーション能力を見られます。
ポイントとして、面接で伝えたいことを文章にして事前にまとめておき、職歴や実績は具体的に伝えるよう心がけましょう。

自己PRの方法を教えて

面接で自己PRをするためのポイントは、いかに自分の強みを分かりやすく伝えられるかということです。
面接の短い時間の中で、やる気や熱意、これまでの経験で得たスキルを分かりやすく伝える必要があります。

面接の要となる自己PR

面接を有利に進めるためには、自己PRが大事です。
コールセンターの面接では、その仕事や企業への熱意の他に、コミュニケーション能力やこれまでの経験で身に着けたことや業務に対する姿勢をアピールする必要があります。

面接ではコミュニケーション能力が見られる

コールセンターの仕事の面接では履歴書の内容をベースに、本人のやる気や印象の他にも、コミュニケーション能力が見られます。
オペレーターの業務は電話でお客様と対話することが主なため、コミュニケーションスキルは選考の大事なポイントです。

面接で伝えたいことは自分の言葉で文章にしておく

面接時に自分が伝えたい内容をきちんと伝えられるかどうか不安な人は、話す内容を事前に文章にまとめておく方法をおすすめします。
自己PRで話す内容を事前に考えていても、面接時は緊張して頭が真っ白になり、思ったことを伝えられないこともあり得ます。
自分の言葉で文章にしておくことで、頭の中が整理され、緊張する面接でも話しやすくなるのです。

また、これまでの職歴で学んだことやこの会社でチャレンジしたいこと、将来の目標などを志望動機として文章にまとめてみるとよいでしょう。
文章にすることで頭の中が整理され、自己PRで訴えるべきポイントがはっきりと見えてきます。
文章としてまとめることで、自分の強みを振り返る機会ともなり、面接の時に自信を持って自分をアピールできることにつながります。

職歴や実績は具体的にアピールする

自分の特技や実績をアピールする際は、どういう場面で活かされるのか、すぐにイメージできるような書き方を心がけましょう。
例えば、ただ「営業経験あり」と書くよりも、具体的に営業の仕事でどんなスキルを会得したのかを分かりやすく伝えることがポイントです。
またこれまで行ってきが仕事の実績を具体的な数字で示すと、より説得力のあるアピールとなります。