《公式》ドコモ求人ナビ|IT業界とは | FAQ

IT業界とは情報技術を使ったビジネスを行う企業全体のことをいいます。
IT業界は様々な業種や職種で成り立っていますが、今回はハードウェア、ソフトウェア、SI、ネット、通信の5つに分けて見ていきます。

IT業界とは?

IT業界とは、情報技術を使ったビジネスを行っている企業全体のことをいいます。
ITという言葉は、Information Technologyの略で、情報技術という意味です。
情報技術とは、コンピュータやネットワークなどの情報処理に関連する技術のことを指します。

IT業界の業務内容

IT業界は、数多くの業種や職種により成り立っているものです。
今回はそれらを大まかにハードウェア業界、ソフトウェア業界、SI(システムインテグレータ)業界、ネット業界、通信業界などに分けて見ていきます。

ハードウェア業界とは

ハードウェア業界とは、パソコンやスマートフォンなどの、コンピュータを構成する電子回路や装置、周辺機器などを扱う業界のことです。
これらはインターネットやその他の情報通信技術を活用するための端末として、IT業界の一員と位置づけられます。
また昨今では、テレビや冷蔵庫などの家電にもインターネットに接続できるものが増加傾向にあります。
ハードウェア業界は、新しい製品が続々と登場し、常に進化し続けている業種であると言えるでしょう。

ソフトウェア業界とは

まずソフトウェアとは、役割に合わせてオペレーティングシステムとアプリケーションソフトに分けられます。
例を挙げると、WindowsやMac OS、などがオペレーティングシステムに分類され、WordやExcelなどはアプリケーションソフトとなります。
これらを扱う業界をソフトウェア業界といって、コンピュータが動作するために必要不可欠なプログラムとなっているのです。

SI(システムインテグレータ)業界

システムインテグレータとは、システムの企画や構築、運用や保守から点検、管理までを一貫して請け負う企業の事です。
IT業界ではこのような業態の企業のことをSIer(エスアイヤー)とも呼びます。
SI業界は、顧客のニーズに合った商品を生み出すために、専門的な知識や技術だけでなく総合的な力が求められる業種です。

ネット業界とは

ネット業界とは、その名の通りインターネットを利用したサービスを提供している業種です。
ネット業界はホームページの制作からSNS、ソーシャルゲームといったような様々な分野があり、企業によって事業内容が大きく異なっています。
そのため企業向けの取引を行うものと、一般消費者向けの取引を行う企業に分けられます。
主にホームページの作成やインターネット広告代理などは企業向けに該当します。
オンラインショッピングやポータルサイト運営などは一般消費者向けとなるのです。

通信業界とは

通信業界とは、インターネットや電話などの通信サービスを提供する企業の総称です。
通信業界には、第一種通信事業者と第二種通信事業者の2種類あります。
第一種通信事業者とは、自社で設備を所有してサービスを提供する事業者のことです。
一方の第二通信事業者は、第一種通信事業者から設備を借りてサービスを提供します。
通信業界は、今や私たちの生活に欠かせない通信機能を支えている重要な業種です。