《公式》ドコモ求人ナビ|IT業界の働き方 | FAQ

IT業界にはパソコンとインターネットがあれば完結する仕事もあり、企業で働くこと以外にも様々な働き方があります。
個人事業主として独立する他にも、在宅ワーカーやノマドワーカーと呼ばれる働き方があります。

IT業界での働き方にはどんなものがある?

IT業界での働き方は様々です。
企業に勤める働き方以外にも、在宅で仕事をしたり、カフェやコワーキングスペースで仕事をしたりする働き方もあります。

IT業界だから選べる様々な働き方

IT業界の仕事には、パソコン1台とインターネットさえあれば完結するという、働く場所や時間にとらわれない職種が多くあります。
企業に勤める働き方以外にも、独立して起業したり、フリーのライターとして働いたりする働き方もあります。
様々な働き方の特徴を説明しましょう。

企業で働く

IT業界の企業に在籍して働く場合は、主に正社員・契約社員・派遣社員として会社と雇用契約を結びます。
正社員の場合、自身のやりたい仕事だけができるわけではありませんが、安定した収入が得られ、専門的な技術を磨くことができます。
また将来独立考えている人は、ITの技術を身につけるだけでなく、社会人としてのマナーやたしなみを学ぶ場にもなります。

それに対して、契約社員や派遣社員は、契約時に決められた期間で、決められた業務を行います。
契約社員や派遣社員として働くと、契約期間が満了すれば次の仕事を探す必要がありますが、自分の専門を掘り下げたり、新しい分野の仕事に就いたり、仕事が選択できることで得られるメリットがあります。

独立して働く

IT業界で独立して働く場合は、個人事業主として働くこともできます。
個人事業主では、仕事の受注から報酬の交渉まで自分で行う必要がありますが、自分のペースで仕事ができるため、仕事と生活のバランスが取りやすくなります。
専業主婦や副収入を得たいサラリーマンの人などに人気の働き方です。
個人で事業を立ち上げて働く場合、継続的に仕事を得るための専門知識や技術以外にも、コミュニケーション能力やコネクションが必要となります。

多様化するワークスタイル

会社以外で働く働き方として、ノマドと呼ばれる勤務方法や、在宅ワーカーと呼ばれる方法もございます。

在宅ワーカーは自宅で働くスタイル

在宅ワーカーとは、自宅で働く人を指します。
個人事業主として働く人が在宅ワーカーになるケースが多いようですが、自分が所属している企業からの許可を得て在宅ワークに取り掛かる人も少しずつ現れています。

ノマドワーカーは働く場所を選ばないスタイル

ノマドワーカーとは、ノマド(遊牧民)の名があらわす通り、仕事をする場所が自宅や会社に限定せずに、カフェやコワーキングスペースなどを利用して働くスタイルを指します。
環境に縛られることなく自由に働けるのがメリットです。