《公式》ドコモ求人ナビ|IT業界の仕事 | FAQ

IT業界の仕事は幅が広く、扱う製品やサービスによって異なります。
システムエンジニア、Webデザイナー、ITコンサルタントもIT業界の仕事の1つです。
IT業界の仕事は今後も増えていくことが見込まれます。

IT業界にはどんな仕事がある?

IT業界の仕事に、システムエンジニアやWebデザイナー、ITコンサルタントなどが挙げられます。
IT業界の仕事は幅が広く、ひとくくりにIT業界といっても扱っている製品やサービス、職種によって仕事内容に大きな違いがあります。
自分がどんな働き方をしたいのかを明確にイメージし、適切な職業を選ぶようにしましょう。

IT業界の働き方は多種多様

同じIT業界であっても、その職種によって必要な知識やスキルが異なり、仕事や働き方も多種多様です。
またIT業界は、今後もあらゆる分野に広がっていく可能性があり、IT業界の仕事もますます増えていくことが見込まれます。

システムの開発から運用など幅広い業務を行うシステムエンジニア

システムエンジニアとは、システムの開発から運用を手掛ける専門家です。
システムエンジニアは、依頼者の要望に応えるためにはどのようなシステムが必要なのか、システムにどんな機能を盛り込むべきか、どんなプログラムが必要となるのかを考えて開発を進めていきます。
実際にシステムエンジニア自身でプログラミングを行う場合もあります。

ただし、同じシステムエンジニアという名前でも、企業によって役割や位置づけが異なります。
純粋にシステムの開発を行う職種をシステムエンジニアと呼ぶ企業もあれば、システムの情報収集や分析、コンサルティングを行う職種もシステムエンジニアと呼ぶ企業もあるのです。
そのためシステムエンジニアとして就職する際は、仕事内容をしっかり確認する必要があります。

Webサイトをデザインし制作するWebデザイナー

Webデザイナーとは、一般的にWebサイトを制作する人のことです。
Webデザイナーは、ホームページのデザインを作り、そのデザインを元にWebサイトを作成します。
企業によっては、Webデザインだけを作るデザイナーと、仕上がったWebデザインが実際にWeb上で機能するようにプログラムするコーダーに分かれています。
一般的にWebデザイナーはデザインとコーディングの両方の知識とスキルが求められます。

ITコンサルタントはクライアントの問題解決を提案するスペシャリスト

ITコンサルタントは、現在クライアントが業務上抱えている問題点を洗い出して、その解決の方法を提案していく職種です。
ITコンサルタントの業務はクライアントや案件によっても異なり、知識だけではなく経験も必要となります。
またチームとして協力して仕事を進めるために、ITコンサルタントにはコミュニケーションスキルも求められます。

今回は、IT業界の中で3つの仕事をピックアップして説明しましたが、これらの職種はIT業界にある職種のうちのほんの一部でしかありません。
これからIT業界で働きたいと思っている方は、IT業界の職種研究をするとともに、自分がどの職種で働きたいのかを具体的にイメージしておくようにしましょう。