《公式》ドコモ求人ナビ|ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの違い | FAQ

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアは業務の対象が異なります。
ネットワークエンジニアは顧客のコンピューターをネットワークにつなげます。
サーバーエンジニアは使用目的に合わせてサーバーを構築します。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの違いは?

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアでは、業務の対象となるものが異なります。
ネットワークエンジニアとはネットワークを取り扱う人を指し、サーバーエンジニアはサーバーを専門に取り扱う人を指します。

ネットワークとサーバーの違い

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアを知る上で、ネットワークとサーバーの違いを知る必要があります。
まずネットワークとは、複数のコンピューターを通信ケーブルや通信回路で接続し、お互いに通信できるようになった状態のことです。
一方サーバーは、ネットワークでつながった他のパソコンに、様々な機能やサービスを提供するコンピューターのことをいいます。
身近なものだと、メールを管理し送受信するメールサーバーや映像や音声を配信する動画配信サーバーなどがあります。
このように、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアでは、それぞれ取り扱うものが異なるのです。

ネットワークエンジニアの仕事

ネットワークエンジニアの仕事は、その名の通りネットワークの設計から構築、運用、保守までを行う、ネットワーク全体が業務の範疇です。
具体的には、顧客のコンピューターを必要なネットワークにつなげたり、つながったネットワークが問題なく動作するようにメンテナンスを行ったり、セキュリティ対策を行ったりします。
ネットワークエンジニアには、ルーターやスイッチなどのネットワーク機器の取り扱い方から、各種OSやサーバーに関する知識などが必要となります。
また、ネットワークの設計や構築においては、顧客のニーズを汲み取って最適な設計を提案し、チームに指示を出しながら業務を遂行するため、ヒアリング能力や提案能力、リーダーシップが要求される仕事でもあります。

サーバーエンジニアの仕事

サーバーエンジニアの仕事は、主にサーバーの構築や運用、保守です。
サーバーの構築は、サーバーを使用目的に合わせてプログラマーと打ち合わせながら設定していきます。
サーバーエンジニアは、サーバーの使用目的から、必要なサーバーの台数やサーバーのスペック、コストを計算し、最適なものを選びます。
またサーバーを動かすOSや必要なアプリケーションをインストールして、サーバーが機能するようにするのも構築業務です。
運用や保守も重要な業務で、サーバーが常に正常に機能する状態にあるようにシステムを監視したり、セキュリティシステムをチェックしたり、バッグアップが正常に行われているかを確認したりします。
サーバーに障害が起こり機能しなくなると、そのサーバーを利用しているサービスは利用できなくなってしまいます。
サービスにもよりますが、サービスを利用する何万人ものユーザーに影響を与えてしまう場合もあり、サーバーエンジニアは非常に責任のある仕事といえます。

このように、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアには違いがあります。
IT業界で働きたい場合には、上記のような違いも、十分に把握しておくことが大切です。