《公式》ドコモ求人ナビ|IT業界で役立つ資格 | FAQ

IT業界で役に立つ資格には、国家資格と特定の製品に特化した民間のベンダー資格があります。
国家資格として情報処理技術者があり、ベンダー資格の代表的なものとしてLinuxが認定するLPICがあります。

IT業界で役立つ資格とは?

IT業界で役立つ資格に、「情報処理技術者」や「LPIC(エルピック)」などが挙げられます。
専門的な知識やスキルが求められるIT業界で働くなら、客観的な評価基準である資格があることで、就職や転職、キャリアアップにつながります。

IT資格は大きく分けて国家資格とベンダー資格がある

IT業界に関連する資格には、国家資格だけではなく、特定の製品に特化した民間資格のベンダー資格というものがあります。
それぞれで特徴が異なり、国家試験であればITのそれぞれの分野の基礎的な知識が証明できます。
反対にベンダー資格は、特定の製品に特化している資格なので活躍する分野は限られてしまいますが、実務スキルをつけるのに役立ちます。
そのため資格を取得する前には、自分に必要なスキルや知識がどんなものかを考えてから決めるようにしましょう。

IT業界の国家資格である情報処理技術者

IT業界の国家資格に情報処理技術者があります。
情報処理技術者は、情報処理技術者としての知識や技能が一定水準以上にあることを認定する国家試験を合格することによって取得できる資格です。
IT技術の基礎や原理についての知識と技術を認定します。
情報処理技術者には様々な種類があり、堅牢なネットワークシステムを構築し運用するための知識を証明するネットワークスペシャリストや、システムや組織の脆弱性や脅威を分析して有効な対策を行う知識を証明する情報セキュリティスペシャリストなどがあります。

なかでもIT技術者としての基礎知識を証明する資格が基本情報技術者です。
基本情報技術者の試験範囲は広く、コンピュータや技術的な基礎知識以外に、IT業界を理解するうえで必要な経営や法務の知識も必要です。

Linuxの専門的な技術者を認定するLPIC

LPICは、NPO法人Linux(リナックス)技術者認定機関が実施する、世界共通のLinux技術者を認定するベンダー資格です。
Linuxとは、コンピュータを制御する基本ソフトウェアのOS(オペレーティングシステム)の1つです。
LPICを取得することでOSについての役割や仕組みを理解することができるため、LPICは普段の業務でLinuxを使用していない技術者にも役立つ資格です。
またLPIC試験は3段階のレベルが用意されています。

このほかにもIT企業に役立つ資格は多数あります。
役立つ資格は職種によっても異なるため、自分に必要なスキルに見合った資格を取得するようにしましょう。
1度資格を取得することで、自分の能力を裏付ける心強い武器となります。
すでにIT業界で活躍している方も、これから就職・転職を控えている方も、今後のキャリアのためにも参考にしてみてください。