《公式》ドコモ求人ナビ|ネットワークエンジニアの資格 | FAQ

ネットワークエンジニアが取得していると有利な資格は、国家資格であるネットワークスペシャリストや民間資格のシスコ技術者認定などが挙げられます。
いずれの資格も専門的な知識と技術があることの証明になります。

ネットワークエンジニアが取得すると良い資格は?

ネットワークエンジニアが取得していると有利な資格には、ネットワークスペシャリスト、シスコ技術者認定などがあります。
ネットワークエンジニアに関わる資格には国家資格と民間資格があります。
それぞれ特徴や難易度が異なるため、目的に合った取得を目指しましょう。

ネットワークエンジニアの仕事

ネットワークエンジニアとは、ネットワークのインフラ設計や構築、運用管理などを行うことが仕事です。
具体的には、企業のネットワークを設計したり、ネットワーク機器の選定や配線、設定をしたりします。
またネットワーク上になんらかの障害が起こった際に、予想される原因を割り出し、その問題解決を行わなければなりません。
ネットワークエンジニアが資格を取得することで、専門的な知識と技術があることを証明することができます。

ネットワーク関連の知識を証明する国家資格ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストとは、ITに欠かせないネットワークに関連する技術や知識を取得していることを証明できる国家資格です。
ネットワークに専門特化した資格で、ネットワークシステムの導入や運用、企画や開発などの業務に役立ちます。
この資格を所持することで、ネットワークシステムに関する専門知識を保有することを証明することができ、就職や転職の際にも役立ちますが、難関の資格となっています。

ネットワーク分野で認められるシスコ技術者認定

シスコ技術者認定は、シスコシステムズが運営する民間資格です。
シスコ技術者認定はIT業界でも認知度が高く、ネットワーク分野でも高い技術と知識を証明する資格として認められています。
シスコ技術者認定試験は、難易度によってエントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、アーキテクトと5つに分類されています。
ネットワークエンジニアの現場では、アソシエイトレベルに属する資格CCNAが取得できる程度の知識が求められることが多く、CCNAはネットワークエンジニアの1つの基準の資格となっています。