《公式》ドコモ求人ナビ|面接で緊張しないコツ | FAQ

面接前は深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。
緊張すると早口になるので、ゆっくり話すことを意識し、言葉に詰まったら一呼吸置くのもコツです。
また事前に企業調査をし、話す内容を練習しておくのも有効です。

面接で緊張しないコツは?

面接の際は深呼吸をして、ゆっくりと話すことを心がけることを推奨します。
また事前のシミュレーションや練習は欠かさず行うようにしましょう。

面接は緊張して当たり前

まずは、面接とは緊張して当たり前のものだと認識しましょう。
面接での緊張は、それだけ本気で取り組んでいるという証でもあります。

気持ちを落ち着かせる深呼吸

面接直前になったら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。
お腹に手を当ててゆっくりと呼吸を整えると、緊張がほぐれてきます。
また深呼吸には、お腹から声が出やすくなるメリットもあります。
堂々と話すためにも、大きく、深く、ゆっくりと息をするよう心がけてください。

ゆっくりと話すように意識する

面接で話す時は、いつも以上にゆっくりと話すように意識しましょう。
緊張すると、ついつい早口で話してしまいがちです。
ゆっくりと話すことで、自分の話している内容を自分で理解できるので落ち着いて話しやすくなります。
的外れな返答をしてしまったり、言葉をかんでしまったりしないようにゆっくり落ち着いて話すことが大切です。

言葉に詰まったら一呼吸置く

緊張によって頭が真っ白になると、時には言葉に詰まってしまうことがあります。
しかし、面接官はあなたがスラスラと完璧に話せるかどうかを見て、採用を決めるわけではありません。
もしも言葉に詰まってしまったら、「少し考える時間をいただけますか」と言って一呼吸置くのも緊張しないで話す方法の1つです。
早く何か言わなければ、と焦ってしまうと、余計に緊張してしまいます。
焦ってすぐに答えるよりも時間をもらい、その場でじっくりと答えを探す方がよりよい返答ができる場合もあるのです。

面接を想定した事前の準備を行う

面接で何を聞かれるかは実際に面接に行ってみないとわかりませんが、ほとんどの面接で共通して聞かれる質問もあります。
その代表的なものが志望動機です。
あらかじめ企業について調べ、話す内容を整理しておくと良いでしょう。
頭の中だけで考えるのではなく、まとめた内容を繰り返し声に出して練習しておくことで、面接時にスムーズに話すことができるようになります。
面接で伝えたいことをまとめ、それを他の人に聞いてもらうことも面接で緊張しないための有効な方法です。