《公式》ドコモ求人ナビ|面接のマナー | FAQ

面接では、いつも以上に礼儀作法に気を遣いましょう。
面接中だけではなく、呼び出されてから入退室の際にもマナーに気を付けましょう。
ある動作中に別の動作を同時に行う、ながら動作には注意が必要です。

面接で守らなくてはいけないマナーはある?

会社の人と面と向かって話をする面接では、いつも以上に礼儀作法に気を遣いましょう。
面接での入退室時にまつわる基本的なマナーについてお伝えします。

ながら動作に注意

面接時は、ある動作をしながら別の動作をする、ながら動作をしないように心がけましょう。
例えばお辞儀をしながら「よろしくお願いします」と声を出すのも、ながら動作のひとつです。
他の動作をしながらでは、どんなに元気よく挨拶をしても好印象を与えられません。
お辞儀をする際は、頭が完全に上がり切ってから「よろしくお願いします」と言うようにしましょう。

面接で呼び出されたときの作法

面接が始まるまでの待機時は、荷物はきれいにまとめておき、よい姿勢を保ちましょう。
自分の名前が呼ばれたら、「はい」とはっきりした返事をしてください。
面接会場までに案内係の人がついている場合は、入室する前に係の方へお礼を言うことも忘れてはいけません。

入室時の作法

面接会場に入室する時は、ドアを3回しっかりノックしましょう。
面接官から返事が聞こえたら、そっとドアを開けて「失礼いたします」と言い、中へ入ります。
面接室が広い場合はドアの横で姿勢を正して面接官に向かい、一礼します。
入り口のすぐそばに椅子がある場合は、何度も礼をすると不自然なのでドア付近での一礼は省き、椅子の横に立ち一礼しましょう。
自身の名前をはっきりと伝え、着席を促されてから「失礼いたします」と一言添えて座りましょう。

退室時の作法

面接終了後は「本日はお時間をいただき、ありがとうございました」と面接官へ感謝の気持ちを伝えましょう。
そして入室時と同じように椅子の横に立ち一礼します。最後にドアの前で面接官へ「失礼いたします」と挨拶をしてから再び一礼して外へ出ます。
扉は静かにゆっくりと閉めましょう。

面接で守るべき最低限のマナーについてお伝えしました。
これから初めての面接を控えている方は、ぜひ参考にしてみてください。