《公式》ドコモ求人ナビ|就活で使える電話の受け方・かけ方 | FAQ

就活での電話の受け方・かけ方として、まずは声の印象を良くしましょう。
そして電話を受ける時とかける時は、先に自分の名前を名乗ると親切です。
また電話をかける時間帯も気を付けてください。

就活で使える丁寧な電話の受け方・かけ方とは?

就活中には選考結果の通知をはじめ、企業からかかってきた電話を受ける機会が多くなります。
失礼なことを言ってしまったり、恥ずかしい思いをしたりしないためにも、あらかじめ基本的なマナーについて知っておきましょう
。就職活動に役立つ、丁寧な電話の受け方・かけ方についてお伝えします。

あなたの印象は声色で決まる

声色は電話口で気持ちよくやり取りをする上で重要なポイントとなります。
電話で話をする際にどんなに丁寧な言葉遣いをしたとしても、声の印象が悪ければその人のイメージも下がってしまうこともあります。
電話で話をする時はお腹から声を出し、口角を上げて爽やかな声色を作りましょう。

電話の受け方

電話を受けた時は、先に自分の名前を相手に名乗るようにすると親切です。
そうすることで電話の相手が「○○さんのお電話でお間違いないですか?」と確認する手間を省けます。
また、かかってきた電話に出られなかった場合は、すみやかに折り返しの連絡を入れましょう。
折り返しの連絡が遅ければ、その会社に対しての意欲があまりないと捉えられかねません。
もし折り返した際に担当者が不在だった場合は、改めてこちらから連絡する旨を伝え、先方の都合のよい時間帯を確認しましょう。

電話のかけ方

電話をかける時も、まず初めに自分の名前を名乗りましょう。折り返し電話の際も同様です。
次に担当者の名前と、要件を伝えます。
この時あまりにも要領を得ない話し方をしてはいけません。
電話をかける前にあらかじめどのような内容を伝えるべきか、きちんと整理しておくことをおすすめします。

また、電話をかけるタイミングも重要です。早朝や深夜、お昼休みなどの不適切な時間帯は避け、企業の営業時間内に連絡を入れるようにしてください。

話が終わっても油断しないこと

電話を切るまでは相手が聞いていることを意識した行動を心がけましょう。話が終わったからといって油断するのは禁物です。電話を切らない限り、電話を通してこちらの音は相手に届いているからです。企業との電話では最後まで失礼のないよう注意を払ってください。

電話で要件を話し終えたら、相手が切るまで待つのが基本です。心の中で「1、2、3」と数を数え、3秒くらいの間をあけてから、そっと電話を切るようにしましょう。