《公式》ドコモ求人ナビ|就活中に電話に出られなかった時の対応 | FAQ

就活中に電話に出られなかった時は、すみやかに折り返しの連絡を入れるのが鉄則です。
ただし早く対応しようとして、営業時間外に電話をかけることや、担当者の名前や要件を確認しないまま連絡するのはやめましょう。

就活中に企業からの電話に出られなかった時の対応は?

就職活動中に着信があった場合、すみやかに折り返しの連絡を入れるのが鉄則です。
就職活動中は、いつどの企業から電話がかかってくるかわかりません。
知らない番号であっても、不在着信があったら、必ず電話をかけ直しましょう。

対応はスピードが命

折り返しの連絡は仕事に対する意欲を示すためにも、なるべく早めに行うことが推奨されています。
しかし営業時間外に電話をかけたり、ペンやメモを用意せずにかけ直してしまったりすると、かえって自分の印象を下げてしまうこともあるので注意しましょう。

留守電が入っていた際の折り返し電話の注意点

もしも企業から留守電が入っていたら、内容をしっかりと把握したうえで折り返しの連絡をしましょう。
焦って担当者の名前や要件を確認しないまま連絡を入れるのは、失礼にあたります。
誰から、どのような用件で電話があったのかをきちんと頭に入れておきましょう。

折り返し電話連絡をするときのマナー

折り返し連絡を入れる時は、まず自分の名前と要件を伝えましょう。初めに自分の名前を言うことを忘れてはいけません。
学生であれば、名前と一緒に学校名も伝えます。
担当者に繋いでもらったらもう1度名乗り、電話に出られなかった旨について丁寧にお詫びの気持ちを伝えてください。
その際に電話をもらった時間帯も一緒に伝えると親切です。

もしも相手が不在、もしくは手が空いていない場合は再度こちらからかけ直すという旨を伝え、都合のよい時間帯を確認しましょう。

折り返しの連絡は選考のチャンス

企業に折り返しの連絡を入れることは、選考における1つのチャンスでもあります。
電話口で丁寧な対応ができるということが、その企業へのアピールになるのです。
不在着信があった際は丁寧な対応をできるよう、あらかじめ電話のマナーを身につけておきましょう。

就活中に企業からの電話に出られなかった時の対応方法についてお伝えしました。
すみやかに折り返しの連絡を入れるのは、社会人としてのマナーです。
また、丁寧な電話対応が行えるように必要なスキルを身につけておくようにしましょう。