《公式》ドコモ求人ナビ|ロイヤルカスタマーとは | FAQ

ロイヤルカスタマーとは、自社の商品を特にひいきにして購入してくれる顧客のことです。
収益向上には商品やサービスだけでなく、企業自体に信頼や愛着を持ってくれるロイヤルカスタマーの確保が重要になります。

ロイヤルカスタマーとは何ですか?

ロイヤルカスタマーとは、自社の商品を特にひいきにして購入してくれる顧客のことです。
企業がさらなる収益向上を目指していくには、ロイヤルカスタマーの育成と確保が重要となります。

ロイヤルカスタマーの重要性

どの企業も、自社の商品や提供するサービスをひいきにして欲しいと考え、販売や営業の戦略を練っています。
そんな中で重要となってくるのがロイヤルカスタマーの存在です。
ロイヤルカスタマーの特徴や、顧客確保におけるコールセンターの重要性などについて説明します。

ロイヤルカスタマーの2つのタイプ

ロイヤルカスタマーには、大きく分けて2つのタイプに分類できます。
1つは、特定企業の商品や提供しているサービスを気に入って長期的に利用し続けているタイプの顧客です。
このタイプのロイヤルカスタマーは、価格面や機能性などでより優れた商品が他社から出れば離れていってしまう可能性を持っているのが特徴です。

もう1つのロイヤルカスタマーは、企業に対する信頼や愛着から、製品の善し悪しに関係なく、商品やサービスを利用してくれるタイプの顧客です。
このタイプの客層は、企業の商品やサービスの内容によって離れる可能性が低く、中にはブランド価値や信頼性を積極的に周囲に宣伝してくれる顧客もいます。

企業として、商品やサービスを気に入って利用するロイヤルカスタマーを、どのようにして企業に対する信頼や愛着によって利用するロイヤルカスタマーへと移行させるかが大きな課題となります。
なぜなら、安定した購買層をいかに確保していくかが、業績向上を目指す↑でとても重要だからです。

オペレーターの対応次第でロイヤルカスタマーが増減

企業において顧客との接点となっているカスタマーサポートは、ロイヤルカスタマーを獲得する上でもとても重要です。
オペレーターの質が悪ければロイヤルカスタマーを失う可能性もあり、逆にオペレーターの対応次第ではロイヤルカスタマーを増やしたりすることもできます。
そのため、どの企業もカスタマーサポートに力を入れています。